食事バイト

「夏子、最近太った。」友達に最近よく言われます。その原因は分かっているけれど私はあえて友達に真実を伝える事はなく「食欲の秋だからかな。」と、誤魔化しています。本当の理由は食事バイトをしておじさんとご飯を週2くらいのペースで食べに行ってお小遣いも貰っているから。私はこのおじさんに合ってから5キロは太りました。
知り合ったきっかけはいつも行くカフェでした。そこで私はいつも同じ料理を頼み、同じ席で座っていました。私と同じおじさんも同じ料理に窓側の席。その時は会話もした事がないけれどいつもの人が来ているなくらいしか思っていませんでした。
パパ活したぽっちゃりな私
ところが、私が会計を済ませた後に店の外に出るとおじさんが声をかけて忘れ物を届けてくれました。それがきっかけに店で会うと挨拶をするようになり、お互い食べることも好きと言う事で、おじさんは雑誌で食べ物関係の仕事をしているから食事バイトという感じで一緒に行かないかと声をかけられそこから変な関係になりました。
食事して手を繋ぐわけでもないのにお小遣いを貰えるこの環境に私はすごく幸せに感じていました。そのせいか、ぶくぶく太りだす私。このままではいけないと思いおじさんと食事してもヘルシーなメニューしか注文しなくなりその姿におじさんはもっと食べて欲しいと言われるようになりました。このまま関係が切れるのも嫌だし太るのも嫌。すると、私の手を握りしめ夏子ちゃんを食べるのも俺は良いけどなと遂に禁断の世界へ誘ってくるようになりました。
ノンケをフェラチオ
ノンケのちんこ

マンコ図鑑

マンコを初めて見たのは高校の修学旅行の時だった。
クラスの女子を仕切っているようなリーダー格の女がいてさ、俺から見ると単なるアバズレ女だったんだけど、皆に慕われていたから結構人望はあったんだと思う。
そんな彼女から「マンコ見たいやろ?」と誘われたんだ。まだ童貞だった俺たちはマンコには興味津々だったが、別にこのアバズレのマンコを見たいとは思わんなあ、と言った感じだった。ただ、うちのクラスメイトは結構かわいい子が多くて、さすがにセックスは無理でも、金払ってでもマンコを見たいと思わせる人材がそろっていた。
その子らのマンコなら見たいけどなと言うと、そのアバズレは「ひとり300円な」などと言い出した。そして、言われるままにアバズレについて行って女子の部屋に入ると、5人の女の子が下半身丸出しで寝ていたんだよ。ブスもいたんだけど、僕がこっそり好きだったかわいい子も混じっていた。ちょっと酒臭かったので、こっそり酒盛りして酔いつぶれて寝てしまったんだと思う。
オナニー動画
そして、アバズレは彼女たちの足を一人ずつ開いて行って、大御開帳状態になったんだ。5つのマンコがずらりと並ぶ壮観な眺めだった。まさにマンコ図鑑。アバズレに「タッチは厳禁だからね」と言われたので、5つのマンコを凝視していった。もちろん、かわいい子は念入りに見た。匂いもすごかったが、それよりも初めて見るマンコ図鑑にのぼせっ放しだった。イメージの問題だけど、ブスのマンコは汚くてかわいい子は美マンだったな。
すると、アバズレが僕が好きな女の子に感づいたのか、彼女のモノを押し広げてくれたんだ。ピンク色の中身まで見えて、まさに鼻血ブー!状態だった。
部屋に帰った後も興奮が続いていて、アバズレからもらった酒を飲んでマンコ図鑑の様子に話もチンコも盛り上がったものだ。
翌朝、酔いつぶれて目が覚めると下半身丸出しだった。後からアバズレに聞いた話では、マンコを見られた女の子たちが逆襲として俺たちのチンコを見に来たらしい。眠りにつく寸前までマンコ図鑑の話をしていたので、きっとチンコはギンギンだったはずだ。
「あの子がさ、一番アンタのチンコに見入っていたよ」とアバズレに教えてもらって、ちょっとうれしかったな。まあ、一番得をしたのは、俺たちや彼女たちからお金取って儲けたあのアバズレなんだけどね。
無修正のオナニー動画
オナニー好きの女性

泊め男

いつも夏になると泊め男を求める女の子たちで、出会い系の掲示板はいっぱいになります。それを知っているので、僕は夏になると泊め男としてたくさんの女の子を救済するのです。僕は普段仕事ばかりで、あまり趣味や洋服にお金を使いません。そのため少し高い家賃の部屋に住み、日頃は貯金ばかりで自由に使えるお金も結構あります。でも夏はなぜかいやらしい気持ちになることが多く、開放的な気分になるのです。そこでギブアンドテイクになる泊め男が僕にはぴったりだと思い、毎年出会い系で見つけた女の子を自宅に招待しています。

去年は7月の後半に、北海道から大学生の女の子が泊め男の僕のところにやってきました。出会い系で知り合って、夏前からメール交換をしていた子です。東京にに遊びに行きたいがホテル代がもったいないというので、1週間泊まってもらいました。とても色が白く雪国育ちのなまりが会話に出てくる素朴な印象の子ですが、スタイルがよく伸びた脚がきれいでしたね。さすがに訪問1日目は何もしませんでしたが、同じ部屋に女の子がいるというだけで興奮します。こっそり自分の部屋でオナニーして耐えましたが。
神待ち

翌日の夜、せっかくなので都内のレストランに行き2人で食事をすることにしました。カジュアルイタリアンのお店で、ワインや料理をいただき深夜に帰宅。そのまま就寝するのかなと思いましたが、女の子の方から一緒に寝ませんか?と誘われました。「お世話になりますが、体くらいしかお渡しできるものがありません。」と言うので、ありがたく誘いを受けることに。服を脱ぐと細身の体で全身が白く、きれいなピンクの乳首だけが目立ついやらしい体です。決して豊満な体ではありませんが、経験が少ない分締まりもよかったです。
神待ちサイト
割り切り掲示板